ロードサービス徹底比較ブログ

自動車保険のロードサービスについて解説しています。

個人事業主はガソリンカード管理で確定申告の時のレシートいらず

ガソリン代専用のカードがあると便利ですよね。

個人事業主の方は、ガソリン代の経費計上が面倒。

  • レシート、クレジットは管理が面倒
  • ガソリンカードがあると便利
  • 個人事業主でも審査に通る

今まで管理が面倒だったから、諦めていた経費がこれさえあれば。

今回は、ガソリンカードを紹介します。

 

 高速情報組合のガソリンカードなら個人事業主でも

クレジット会社での法人ガソリンカードは審査が厳しいです。、

理由は、利用金額が大きくなる為になります。

高速情報組合が発行のガソリンカードは、クレジット審査なし。

個人事業主や、設立したての法人にもオススメです。

ENEOSか出光のガソリンカードを選ぶ事が可能。

 高速情報協同組合のガソリンカード

高速情報組合のガソリンカードの詳細

新会社、個人事業主でも作れる後払い型のガソリンカードです。

  • カード維持費、年会費、発行手数料はゼロ。
  • 車両限定なし(レンタカーでも利用可能)
  • 全国で利用可能
  • 出資金1万円でクレジット審査なし(退会時に1万円返金)

維持費や年会費が掛からず、出資金の1万円は必要となります。

とりあえずガソリンカードを取得する方も多いのが特徴。

手軽にカード発行が出来るのが、高速情報組合のガソリンカードのメリットです。

支払いも月末締の翌月末日の口座振替なので、支払いペースも安心。

申し込みに必要な書類

高速情報組合のガソリンカードの申し込みに必要な書類。

法人と個人事業主で若干違いがあります。

法人の場合

  • 履歴事項全部証明書(写し可 3ヶ月以内)
  • 代表者運転免許証等の身分証明書(写し)

個人事業主の場合

  • 確定申告書(写し)
  • 代表者運転免許証等の身分証明書(写し)

どちらの場合も二種類の書類のみで申し込み可能となっています。

ガソリンカードのメリット

個人事業主の方で自動車を使っている方は、もちろん経費管理が楽になります。

新会社で、遠方の営業地でレンタカー利用の際に、

ガソリン代の建て替え、精算の業務コストもガソリンカード一枚で削減。

発行手数料も掛からず、維持費も掛かりません。

法人であれば、会社に1枚あっても損はなく、業務軽減のメリットが。

 高速情報協同組合のガソリンカード