読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードサービス徹底比較ブログ

自動車保険のロードサービスについて解説しています。

タイヤがパンクしたら自動車保険のロードサービスを呼ぼう

f:id:contents-marketing:20170416141337j:plain

走行中や、車に乗ろうとしたら、タイヤがパンクしてしまった。

スペアタイヤはクルマに積んであるけど、タイヤ交換なんてした事ない。

そんな人は多いと思います。

自動車のタイヤがパンクしてしまったら、任意保険のロードサービスを呼びましょう。

 任意保険のロードサービスの連絡先

ロードサービスで有名なのは、JAFのロードサービスですが、

JAFのロードサービスは非会員だと、現場で費用精算する必要があります。

自動車の任意保険にロードサービスが付いている場合は、

必ず事前にロードサービスのコールセンターへ連絡をしましょう。

乗っている自動車が、どの任意保険に加入しているか分からない場合は、

車内に保険証券がないか確認しましょう。

強制保険の自賠責ではないので、注意が必要となります。

知り合い、家族の自動車、または代車、レンタカーのトラブルは、

先にレッカー業者に連絡するのではなく、まず確認しましょう。

まずスペアタイヤがあるか否かを確認しましょう

自動車には、スペアタイヤが積まれていることがあります。

最近の自動車は、スペースの関係でスペアタイヤがない場合もありますが、

普段見えない場所にスペアタイヤがあることも多いので、

スペアタイヤが積まれていることを知らない人も意外といます。

スペアタイヤが積まれている場所は、

  • トランクシートの下(カバーで覆われているので見えない)
  • 自動車のボディーの下の部分
  • トランクドアの後ろのスペアタイヤケースの中

が多いと思います。

中古で購入した場合など、スペアタイヤが標準装備されているはずの自動車でも、

すでに使用済で、あるはずの場所にスペアタイヤがないこともあるので、要確認です。

スペアタイヤがなかったら、無理せず走行しない

タイヤがパンクしてしまったことがわかったら、走行するのは避けましょう。

タイヤの空気圧が下がっている状態での走行は、

タイヤのホイールの歪みに繋がってしまい、あとあと修理費用がかさみます。

パンクによる自走不能は、多くのロードサービスで対応可能となっているので、

事前にロードサービスのフリーダイヤルに連絡をしましょう。

自宅や、タイヤ販売店、ガソリンスタンドまでなど、

自分の希望する場所までレッカー搬送をしてくれます。

替えのタイヤを現場に持ってきてもらうことは可能か

スペアタイヤは運転している自動車に搭載されていないが、

出先で、このままタイヤを交換して目的地に向いたい場合もあると思います。

多くの任意保険で、パンクの対応は、

スペアタイヤ交換、もしくは応急処置、レッカー搬送となっています。

タイヤを現地に持ってきてもらうことが可能かはサポートデスクへ確認しましょう。

もし可能な場合は、交換するタイヤ代は、ロードサービスの対象外費用となり、

自分で負担する、現場での精算が必要なこともあるので、注意が必要です。

 

 自動車保険見積もりのインズウェブ

▶ J AF会員なら安心&充実のロードサービスが日本全国24時間、365日無料! 

インズウェブ自動車保険一括見積もり