読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードサービス徹底比較ブログ

自動車保険のロードサービスについて解説しています。

子供の送り迎えで自動車保険の使用目的が変わる時は注意

f:id:contents-marketing:20170504163740j:plain

自動車保険は、加入時に車両の主な使用目的を通知する必要があります。

使用目的外での事故トラブルでは、保険が効かないなんて事も。

  • 主な使用目的が変わったら保険会社に連絡
  • 年間を通じて月15日以上の使用がポイント
  • 使用目的区別により保険料に影響あり

上記三点をポイントごとに解説していきたいと思います。

月々の保険料にも影響があるので、しっかり確認しておきましょう。

 自動車保険見積もりのインズウェブ

主な使用目的が変わったら保険会社に連絡

自動車保険は、加入する際に主な使用目的を登録する必要があります。

使用目的区別は、主に下記三種類です。

  • 日常・レジャー
  • 通勤・通学
  • 業務

子供の学校や駅までの送り迎えは、通勤・通学にあたるようです。

新年度となり、子供の送り迎えに使う際には注意が必要です。

ダイレクト型の任意保険の場合は、直接自動車保険の会社に連絡。

代理店型の契約をしている場合は、代理店へ連絡を行いましょう。

主な使用目的は年間通じて月15日以上

週1,2回の頻度で子供の送り迎えがある場合はどうでしょうか。

保険会社に通知が必要なのは、あくまで車両の主な使用目的となります。

主な使用目的の基準は、基本的に以下の通りです。

  • 継続的に週5日以上の使用
  • 年間を通じて月15日(半数)以上の使用
  • 短期契約は期間の半数以上

このように定められている場合が多いです。

週1~2回程度のたまに子供の送り迎えがある場合は、変更不要となります。

ご自身で判断がつかない際には、自動車保険会社・代理店に相談しましょう。

使用目的ごとに保険料が変わる

任意保険(自動車保険)は、契約内容によって保険料に変動があります。

車両の主な使用目的も保険料を左右するポイントのひとつ。

日常レジャーが最も安く、業務使用が最も保険料が高いようです。

(※あくまで同じ保険内容で比較した際)

日常レジャーと通勤通学の保険料差額の目安は、5000円前後のようです。

各保険会社、ご自身の保険等級によっても影響があります。

保険料の負担を少しでも減らした人は、一括見積を利用してみましょう。

20社ほどの保険会社の見積もりを無料で一括で取ることが可能です。

最大年間4万円以上の保険料の節約になるという人も。

5分ほどのカンタンな入力で、車検証と免許証があれば入力可能です。

自動車保険見積もりのインズウェブ

インズウェブ自動車保険一括見積もり