読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードサービス徹底比較ブログ

自動車保険のロードサービスについて解説しています。

車検切れの自動車でのトラブル自動車保険、ロードサービスはどうなる?

車検切れの自動車の運転、走行は法律違反となります。

どういった罰則、罰金があるのか、

また万が一車検が切れてしまった際には、どうすれば良いのか解説していきます。

車検切れ、自賠責保険切れの罰則罰金

車検切れの自動車の運転走行は、法律違反となります。

減点6、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が定められています。

また自動車の強制保険である自賠責切れでの運転走行も違反となり、

同様に減点6、1年以下の懲役、50万円以下の罰金となってしまいます。

車検と自賠責が切れるタイミングは、同じタイミングである事が多く、

ともに違反切符を切られてしまうと、減点12となり、即免許停止になります。

自動車保険、ロードサービスともに対象外

強制保険の自賠責保険に限らず、任意保険、またそれに付帯するロードサービスも対象外となってしまう為、車検切れ、自賠責保険切れでの運転はやめましょう。

申告せずに、保険やロードサービスを利用した後に、車検切れ、自賠責切れが発覚した場合、後日費用について保険会社から全額請求されることもあります。

期日が迫ったら、必ず車検工場に連絡をして、期日前の更新を心掛けましょう。

車検の更新のタイミングで、自賠責保険も一緒に更新出来る場合が多いので、

念のため、自賠責保険も更新したい旨を伝えておきましょう。

 法律上車検切れのクルマはレッカー移動出来ない

車検切れの自動車は、走行はもちろんですが、

レッカー移動をする事も原則法律で禁止されています。

なので、車検が切れている自動車を搬送する際には、積載車に積み込んで運びます。

しかし、実際のところは車検切れの自動車をレッカー移動させても検挙される可能性は低いようです。

仮ナンバーを取得すれば問題なし

車検切れや廃車用の自動車を法律違反をせずに運ぶには、仮ナンバー取得が必要です。

仮ナンバーは、あくまで移動させるために取得出来るものなので、走行は出来ません。

また有効期限が1日から3日間と定められており、

移動する経路を申請する必要があるので、所定の場所以外に運ぶことは出来ません。

自賠責が切れた状態で、仮ナンバーを取得することは出来ないので、

どうしても仮ナンバー取得が必要な際には自賠責加入が必要となります。

仮ナンバー取得は、移動日の前日または当日に各市区町村の役所もしくは陸運局にて申請することが可能です。

取得費用は、750円程度で行うことが出来ます。

 廃車を検討している場合

事故などで廃車を検討している場合はすぐに廃車の手続きをせずに、

廃車買取の見積もりを出してみるのがオススメです。

損傷状況や車種によっては、買取額がつかない場合もありますが、

事故車両の見積もり査定の訪問料、引取費用は無料で対応してくれる場合もあります。

メーカー車種、走行距離、次の車検の期限などのカンタンな入力で、

事故車両の見積もり査定の申し込みをもちろん無料で行うことが出来ます。

400万人以上が利用しているサービスなので、安心して利用可能です。

ディーラーなどでは、査定がつかなかった車両が、

こういったサービスを利用すると、値段がつくこともあるので検討してみては。

 カービュー事故車査定 

 事故車・故障車・不動車なんでもOK!