読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードサービス徹底比較ブログ

自動車保険のロードサービスについて解説しています。

ロードサービスで無料分を超過した場合の料金はどうなるか

f:id:contents-marketing:20170311120955j:plain

自動車の任意保険やJAFのロードサービスには、

基本的に無料で対応出来る範囲が設定されています。

15キロだと場所によっては、

トラブル場所から自宅、修理工場まで無料の範囲内で運べない場合もあります。

そんな時は果たしてどうなるのか事前にチェックしておきましょう。

 ロードサービスの無料分を超過する場合

JAFのロードサービスは、会員の場合レッカー作業15キロまで無料です。

無料で運べる15キロを超えた場合には、

JAFの場合、現場での精算となってしまいます。

保険会社の任意保険の場合は、会社によって様々ですが、

無料対象分を超過した料金については、基本保険会社より後日請求となります。

例えば、損保ジャパン日本興亜のロードアシスタンスの場合、

レッカー搬送については、15万円までが無料範囲内になります。

目安になる距離は、JAFの搬送料金が1キロ800円くらいなので、

200キロ弱で無料分を超過する計算となります。

(現場での作業内容、契約車両のサイズなどによって変動あり)

15万円を超過した分については、現場での支払いではなく、

後日請求となるので、トラブル時に手持ちがなくても安心です。

JAF加入、任意保険のロードサービスの契約がある場合

保険会社によっては、JAFと提携している場合があり、

JAFの無料分に加えて、任意保険のロードサービスを使える場合もあります。

精算方法などは、保険会社によって様々です。

JAFを呼ぶ前に、任意保険のロードサービスのフリーダイヤルに電話しましょう。

そしてオペレーターにJAFにも加入している旨を伝えて、

JAFも利用出来るか確認するのが良いでしょう。

保険会社によっては、ロードサービスの利用に回数制限がある場合もあります。

JAFであれば、契約期間内にサービスの回数制限はないので、

しっかりその点も確認しておくと、無駄なくロードサービスを利用できます。

▶ JAFは全国ネット年中無休24時間体制でカーライフをサポート!

任意保険のロードサービスがある事に気付いたら

トラブルに遭うと、どうしても動揺してしまいます。

JAFに電話した後に、任意保険に加入している事を思い出すなんて場合も。

その際も、なるべく早く任意保険のフリーダイヤルに連絡しましょう。

JAFは作業終了後に、現場での支払いが必要になってしまいます。

保険会社がJAFと提携のある場合、

保険会社からJAFへの出動依頼という形でキャッシュレスで対応可能になる事もあります。

これは、自分でネットで検索したレッカー業者などを利用した場合にも、

適用できるケースもあるので、なるべく早く連絡しましょう。

すでに自分で費用を払ってしまった場合

保険会社によっては、後日精算が可能な場合もあります。

(任意保険の契約状況、トラブル内容にもよります)

支払った料金の領収書があれば、

まず任意保険のロードサービスに連絡をしましょう。

トラブルに遭って、すでに業者で対応してもらい、

料金を支払った旨を伝えて、精算可能か確認しましょう。

領収書を基に精算可能なケースも十分ありえます。

後日精算が不可能だと言われた場合

上でも説明したように、

後日精算が可能な任意保険会社も存在します。

時期や天候状況によっては、

ロードサービスのフリーダイヤルに繋がらない、

ロードサービスの業者の到着予定時間が遅すぎるなんてことも。

そんな時、契約者をサポート出来るよう後日精算が可能になっています。

後日精算が可能な保険会社は、

その他のサポート内容も充実している傾向にあります。

もし保険の対応について不満がある場合は、

保険会社の切替を検討する事をオススメします。

保険会社を切替するだけで、年間5万円も保険料が安くなるケースもあります。

ネットから、5分程度の簡単な情報入力で、

複数の自動車保険の見積もりを取れるサービスがオススメです。

 自動車保険見積もりのインズウェブ

【価格.com】自動車保険を見直してみませんか?

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり